動物園&植物園

広大な敷地で動物や植物と触れ合うことは、子どもにとっても楽しみのひとつですが、広島市内にもそのような場所があります。
ここでは、広島市内で人気の動物園や植物園についてお話ししましょう。

●広島市安佐動物公園
広島市東北部にある「広島市安佐動物公園」は、自然ゆたかで広々した動物公園として人気です。
園内では、キリン、アフリカゾウ、レッサーパンダなど、定番の人気動物がみられます。
また、ガラス越しにライオンを観察できる「レオガラス」、ヤギやヒツジなどと直接触れ合える「ぴーちくパーク」、土日祝日に実施される「ポニー乗馬」もお楽しみです。
そのほか、曜日や季節限定のイベントもいろいろあります。
広電バス・あさひが丘行「安佐動物公園前」下車
料金:500円(高校生・18歳未満170円)団体割引あり

●広島市森林公園「こんちゅう館」
広島市の中心から東寄りにある「こんちゅう館」は、「パピヨンドーム」や「昆虫ランド」に展示されている、生きた昆虫の種類数では西日本№1の規模を誇ります。
また、定番の一日観光コースにも含まれており、四季折々の特徴を活かした企画展、昆虫とのふれあい体験、野外観察会なども楽しめます。
広島バス・小河原車庫行「登石」下車 徒歩約60分 または、広島駅から車で約30分
料金≪昆虫館入館料≫500円(18歳未満170円)ほか

●広島市植物公園
広島市の西側・佐伯区にある「広島市植物公園」は、植物の知識普及や自然保護推進など、社会教育の場として開園された植物公園です。
年間を通じて熱帯・亜熱帯の雰囲気を楽しめる大温室などさまざまな温室、展示資料館などがあり、約1万1,850品種・23万4,700本の植物の栽培がみられます。
JR山陽本線「五日市」から植物公園経由薬師が丘団地行バス「植物公園」下車
料金:500円(高校生・18歳未満170円)

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ